病院概要・・・私たちは質の高い医療を提供し、地域の皆様の健康を支援することにより、信頼される病院つくりを目指します

病院概要

奈良医療センターの基本理念

私たちは、 質の高い医療を提供し、地域の皆様の健康を支援することにより、信頼される
病院作りを目指します。

・ 正確な情報に基づいて、十分な説明を行い納得していただける医療の提供に努めます。
・ 安心して、受けていただける医療の安全対策の推進に努めます。
・ 患者様の視点に立って常に改革して医療サービスの提供に努めます。

平成30年度病院目標

 呼吸器疾患と神経疾患を中心とした「面倒みのよい病院」の機能を高める

  • ○ 当院は、重症心身障害、筋ジストロフィー、神経難病、
      結核など政策医療を担い、単なる地域包括ケアシステムを実施
      するのではなく、特殊な疾患の患者に対して、先進医療を提供
      する機能を有する病院
  • ○ 医療と介護・障害福祉の融合した病院
  • ○ 在宅復帰、在宅医療に取組む病院
  • ○ かかりつけ患者等の救急受け入れ、増悪時の対応を行う病院
      「面倒みのよい病院」の指標
      リハビリテーション実施件数、在宅患者(増悪時)受け入れ件数、サービスの
      多様性(入院、外来、通所事業、訪問看護、短期入所等)、入退院支援、
      認知症ケア、介護連携への取組み状況等

1.医療の質の向上 「患者の目線にたった医療の提供」

・先進医療の提供 病院機能分化(疾患毎にセンター化)
  呼吸器疾患センター
  神経・筋難病センター
  重症心身障害センター      
  てんかんセンター
  機能的脳神経外科センター
  不随意運動疾患センター
  疼痛センター
  脳卒中センター
  高次脳機能センター    
・安全・安心な医療
  医療安全・感染対策・災害対策の充実
・多職種連携
  医師の負担軽減
  業務の効率化
  相互チェック “三人よれば文殊の知恵“
  チーム医療の推進       
   ICT、摂食嚥下、NST、褥瘡、排尿ケア、RST(呼吸サポート)、
   認知症ケア、緩和ケア、がん化学療法     
・人材育成 病院にとり人は最大の財産、”人は城、人は石垣、人は堀”      
  新研修医制度対応
  医療従事者のための研修の充実
  診療機能強化に必要な有資格者の育成および確保    
・医療人としての品格と倫理の遵守
  挨拶・笑顔で日々是精進      
  虐待防止、権利擁護、差別解消法の研修      
  情報セキュリティー・個人情報保護の徹底
・病院機能評価(期中・確認)の取組み
・臓器移植体制への充実


2.健全経営 「入りをはかり、出をしぼる」

・入院患者数の確保(285名以上必達)
・臨床評価指標の確実な実施
・救急患者を断らない
  救急応儒率の改善
・積極的な広報・情報発信    
  ホームページの更なる充実
  院外活動の参加(学会、講演等)
・診療報酬の再点検(報酬改定のみならず現行報酬についても再考)
  加算、指導料などが確実にとれているかのかチェック
  加算等に必要な施設基準の取得
・高額医療機器の稼働率、共同利用数の向上
・コスト意識の徹底 
・材料費の削減と職員の意識改革   
  消耗品委員会の設立
・投資効果の確認
  毎月、各科毎の投資効果を評価する
  新規投資では、利益を十分考慮する


3.地域包括ケア体制の充実 「医療機能の分化と連携」

・病院機能分化の明確化と医療機関や介護・福祉施設と連携の深化
・地域に密着した入退院支援の充実
・在宅者児への在宅支援への体制構築
・地域医療関係者との積極的コミュニケーション(介護施設職員、
 ケアマネージャー等対象とする定期的な研修の実施等)
・多機能型通所事業・短期入所の更なる充実
・地域医療を支える病院として、地域の自治会や養護学校等との連携の深化
・障害福祉ゾーン形成(病棟跡地利用)事業の早期実現に向けた取組み


4.働き方改革 「働きつづけられる職場づくり」

・労務管理の徹底
・生産性向上
  業務の効率化及び勤務線表の見直し
・働きやすい労働環境の整備
・メンタルヘルス対策の充実


患者さんの権利

奈良医療センターは、医療の中で健康や福祉を妨げるあらゆる問題を克服するために「患者さんの権利」を掲げ、患者さんと医療従事者との信頼関係に基づき、日常医療活動に生かすことで患者さんの医療に対する主体的な参加を支援していきます。 

  1. 患者さんには、平等に安全で良質な医療を受ける権利があります。
  2. 患者さんには、自己の疾患に関して十分に説明を受ける権利、また、自己に関する医療記録の開示を求める権利があります。
  3. 患者さんには、自己の疾患に関する医学的知識や医療制度、社会保障制度などを学ぶ権利があります。
  4. 患者さんには、医療従事者の提案する治療方法等に自己決定する権利があります。
  5. 患者さんには、自己の個人情報を保護され、その取り扱いについて自ら決定あるいは配慮を求める権利があります。
  6. 障害を持った患者さんには、人権や基本的自由を守り、もともと持っている自分らしさを大事にしていく権利があります。


患者さんと家族の義務について

患者さんの健康は自己責任で守っていただくものであり、上記権利を行使されるためには、次の義務を果たす事に努めていただくことが必要です。医療従事者との信頼と相互協力にて医療の目的を達するために、以下の点についてご理解とご協力をお願いします。

  1. 病状及び診療に必要な情報の提供をお願いします。
  2. 医療内容について理解していただけない場合にはお知らせください。
  3. 病院と医療の規則を守ってください。
  4. 医療の不確実性、限界があることについてご理解をお願いします。

当院の機能

当院は奈良市の西方、薬師寺や唐招提寺で名高い近鉄西ノ京駅に近く、奈良を代表する絶景の地で
66年を迎えます。

結核、重症心身障害、神経難病、てんかんを含めた神経・筋疾患を主とする政策医療をはじめ、急性期から慢性期に対応するため、リハビリテーションを強化した医療と、地域に密着した一般診療を提供しています。

所在地

〒630-8053  奈良市七条2丁目789番地

敷地面積

76,075㎡(飛地を除く)

建物延床面積

23,557㎡

標榜科目
  • ・内科
  • ・呼吸器内科
  • ・消化器内科
  • ・神経内科
  • ・小児科
  • ・小児神経科
  • ・外科
  • ・整形外科
  • ・リウマチ科
  • ・脳神経外科
  • ・リハビリ テーション科
  • ・放射線科
  • ・ペインクリニック外科
  • ・眼科
  • ・耳鼻咽喉科
  • ・皮膚科
  • ・泌尿器科
  • ・循環器内科
  • ・呼吸器外科
  • ・心臓内科
  • ・婦人科
  • ・麻酔科
  • ・精神科
  • ・歯科
病床数

340床

  • ■一般病床 182床 
  • ■結核病床 30床 
  • ■筋ジス病床 28床
  • ■重症心身障害者病床 100床 
各種指定等
  • ・保険医療機関  
  • ・労災保険指定病院  
  • ・生活保護指定病院  
  • ・結核指定医療機関  
  • ・戦傷病者特別援護法指定病院  
  • ・原子爆弾被爆者一般疾病医療取扱病院
  • ・指定療育医療機関
  • ・難病指定医療機関  
  • ・小児慢性特定疾病指定病院  
  • ・指定自立支援医療機関
     (更生、育成、精神通院)
  • ・公害医療機関  
  • ・臨床研修病院 
その他

 

施設一覧